足首サポーター通販【コルセットミュージアム】

足首サポーターの通販【コルセットミュージアム】
腰痛ベルト通販【コルセットミュージアム】 足首サポーター通販【コルセットミュージアム】 足首サポーター通販【コルセットミュージアム】 膝サポーター通販【コルセットミュージアム】
鍼灸整骨院のスタッフが作った、足首サポーターの通販サイトです。病院で処方される足首サポーターから、スポーツ店で販売される足首サポーターまで、私たちが実際に治療に使って効果があった足首サポーターを分かりやすく分類しています。
足首サポーターの購入をご希望の通院中の患者様は、スタッフにお申し付けください。試着も可能です。
境界線

足首の捻挫とテーピング

足首の捻挫をテーピングで治す
足首のテーピングは、自分の皮膚の一部を厚く強化したようにして足首を守ります。
捻挫の保護に有効で、しっかり巻き込むことで、足首にかかる負担をなくして、ケガの再悪化を防いでくれます。
皮膚をガムテープで固定するようなものなので、皮膚がかぶれるのが欠点です。
足首の捻挫の治療 足首の骨折の治療

足首の捻挫と足首サポーター

足首の捻挫を足首サポーターで治す
厚手の靴下を履いたように足首を守ります。
簡単に装着ができ、症状とサイズがあった足首サポーターは効果的に、軟骨と靭帯の損傷を守ってくれます。
テーピングと比べると、少し厚くなります。

テーピングと足首サポーターの違い

靭帯が主体の捻挫なら、足首のテーピングが効果的です。
軟骨の損傷まであれば、足首のサポーターがおすすめです。
足首サポーターはしっかり固定するタイプと、軽く圧迫するタイプの二つを使い分けます。
骨盤ベルトで腰痛の治療 骨盤ベルトで腰痛の治療

足首サポーターの選び方

足首サポーターの使い分け
剥離骨折や靭帯に部分的な断裂がある場合は、両側にシーネを備えた足首サポーターを選びます。
腫れがある場合は、巻き込むタイプの足首サポーターを選びます。
捻挫を予防するには、靴下のように、はくタイプの足首サポーターを選びます。

足首サポーターの使い方

足首サポーターの使い方
特定の動作で、足首の痛みが悪化する時に使います。
じっとしている動作で痛む時は使いません。
足首サポーターは、足首を動かすことで、再発を繰り返すのを防ぎます。自発痛のある場合は、腫れが原因なので心臓よりも高い位置に保ち安静にしましょう。

足首サポーターのつけ方

足首サポーターの付け方
足首は、伸ばすことを底屈、反らすことを背屈と言います。
足首は底屈するとぐらつき、背屈すると安定するようになります。
巻き込むタイプの足首サポーターは、足首の底屈を避けて巻くようにしましょう。

足首サポーターの効果

足首サポーターの効果
足首は何本もの筋腱と靭帯により安定して動きます。
靭帯や筋腱を痛めると、足首が不安定に動くことで、体が曲がり腰痛や首の痛み、頭痛まで出ることがあります。
足首サポーターは、足首の筋腱を保護して、スムーズが動きをとり戻す作用があります。
足首サポーターでの治療 足関節捻挫後遺症の治療例 足首捻挫が原因の側彎の治療 足首骨折後遺症の足首の痛み 足首骨折後遺症の足首の痛みを足首サポーターで治療
左足首骨折後の後遺症の治療です。
痛みをかばうために背中が側彎して、左足の血流が低下しています。最適な足首サポーターを使うことで左足の機能が戻り血流が改善します。治療には鍼治療を併用しています。
院長おすすめの足首サポーター
スポーツ用足首サポーター【ドラゴンフライDX】

靭帯保護用足首サポーター【ドラゴンフライDX】

足首捻挫用の足首サポーター

テーピング感覚の足首サポーターです。
靭帯を痛めた内返し捻挫に最適です。
日常生活から運動時の保護にも使えます。

医療用足首サポーター【アンクルライト】

軟骨保護用足首サポーター【アンクルライト】

軟骨保護の足首サポーター

柔らかさと耐久性を兼ね備えています。
動き出しの足首の痛みにおすすめです。
医療機関で使われる足首サポーター。

医療用足首サポーター【アンクルソフト】

軟骨保護用足首サポーター【アンクルソフト】

軟骨保護の足首サポーター

柔らかさと耐久性を兼ね備えています。
変形のある慢性的な足首の痛みに。
医療機関で使われる足首サポーター。

再発予防足首サポーター【アンクルレスキュークロスサポート】

足首サポーター【アンクルレスキュークロスサポート】

再発予防の足首サポーターです。

薄さと固定力の両方を兼ね備えています。
足首の前後の不安定の固定に最適です。
靴を履くのに影響のない足首サポーター。

再発予防足首サポーター【シンプルエイト】

足首サポーター【フィンプルエイト】

再発予防の足首サポーターです。

とても薄い素材でできています。
捻挫固定期間からの動き出しに最適です。
靴を履くときの影響がない足首サポーター。

上に戻る 上に戻る

症状に合った足首サポーターをお選びください 足首サポーターは症状・サイズが合ってこそ効果が発揮されます

足首サポーターがご自身の症状に何が合うか不安な方は、 ご購入前の無料相談 をお気軽にご利用下さい。また、足首サポーターによって計測位置や各サイズの適応範囲の設定が異なります。ご購入時には各足首サポーターのサイズ表を必ずご確認ください。

電話でも足首サポーターのご注文を承ります 電話でのご注文

スマホやパソコンの入力が面倒な時に!

ご注文の足首サポーターが確定していれば、お電話でもご注文して頂けます。お仕事でお忙しい時や、注文間違いが不安な患者様に好評です。
рO26−248−1989
※平日9:00〜12:00まで電話でご注文できます。
お電話でのご注文は540円(税込)の手数料が加算されます。

足首サポーターの通販【コルセットミュージアム】電話注文 詳しくはこちら

足首サポーターは、症状とサイズがあっているかが大切です。
ご自分の症状にあっている足首サポーターのわからない方は、 整復師へ相談 からご相談下さい。

症状にあった足首サポーターがお分かりの方は、購入方法をお選び下さい。

スポーツ用足首サポーター集

【スポーツ用足首サポーター集】

動きやすさと固定力を両立。
フィット性のいい足首サポーター。
医療用の足首サポーター集

【リハビリ用足首サポーター集】

柔らかさと耐久性を両立。
病院で使われる足首サポーター。
予防用足首サポーター集

【予防用足首サポーター集】

装着が簡単で長時間使えます。
ストレスなく使える足首サポーター。
骨折後の足首サポーター 骨折後の足首サポーター 骨折後の痛みや不安に足首サポーターが効果的 骨折後のギブス固定 骨折後のギブス固定
骨折後は、関節が固まり筋肉が細くなります。骨折でギブスを除去した後は、足首サポーターの使用がおすすめです。足首サポーターを使うことで、痛みや関節の固まりが早く改善できます。

骨盤の治療

Copyright(C)2012森上鍼灸整骨院AllRightsReserved.